メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水を差し入れ、消毒液提供「あらゆる人が賛同」 記録的な米デモ支える「美しい光景」

 黒人男性暴行死事件を契機に、米国で人種差別や警察暴力に抗議するデモが拡大、長期化するなか、デモ参加者にさまざまな支援を提供する取り組みが広がっている。デモ参加者に連帯の意を示し、運動の継続を後押しすることが目的だ。

 「デモ参加者に昼食を配ります。15番通りで」「水のボトルあります」。ワシントンで大規模デモが行われた6日、ソーシャルメディア上では朝からボランティアのメッセージが飛び交っていた。

 デモ参加者で埋め尽くされたホワイトハウスに通じる大通りでは、参加者に飲料ボトルやキャンディー、新型コロナウイルス感染予防のためのアルコール消毒液を渡す人の姿が多くみられた。医療ボランティアのテントでは熱中症を訴える人たちを救護。ソーシャルワーカーの団体はホワイトハウス前の教会で、参加者の生活に関する悩みや不安に耳を傾けていた。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです