メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本式記入ルール分からない」外国人の特別定額給付金申請 NPOがサポート 福岡

書類の書き方をサポートするボランティア(左)ら=福岡市中央区で2020年6月6日、山口桂子撮影

 新型コロナウイルス対策で国から1人10万円が給付される「特別定額給付金」の外国人の申請をサポートしようと、福岡市のNPO法人「トゥマンハティふくおか」(弥栄睦子(みえちかこ)代表理事)が6日、市内で相談会を開いた。

 日本語の読み書きが苦手な外国人向けに、申請書類の書き方をサポートしようと初めて開催。感染予防のため、参加者らは手作りのフェースガードをつけるなど対策をとった。

 フランスから就労ビザで来日中のフハル・アデルさん(28)は、感染拡大で帰国を先延ばししたと言い、「濁点で1マス使ったり、訂正する際に二重線を引いたり、日本式ルールが分からなかったのでとても助かった」とほっとした様子。台湾から留学中のテイ・ジェイソンさん(24)は、アルバイトで来られなかった友人の分も持参。「ミスがないか不安なので見てもらいたかった。これで安心して申請できる」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 日銀若手記者が直撃 (中)「日銀の政策は濃いグレー」元審議委員の警告

  5. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです