メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「好きなことで世界が変わる」現代美術家がオンライン授業で高校生にエール

優秀作品の「ヤノベ賞」に輝いた佐藤瑠乃さんの作品=大津市膳所2の県立膳所高で2020年5月29日午前11時48分、小西雄介撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校中の学生の学びをサポートしようと、滋賀県立膳所高(大津市)は5月、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用し、京都芸術大(京都市)と連携したオンライン授業を実施した。生徒が描いた作品を、同大教授で現代美術家のヤノベケンジさんが講評し、生徒は大きな刺激を受けていた。【小西雄介】

 授業は「社会とアート」と題し、同校1年で美術を選択する109人が参加。「オリジナルのこま犬をデザインする」というテーマで、生徒は神社などのこま犬をスケッチ。イメージを膨らませて、はがきに描いて色づけした。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです