メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインでカーリング大会 五輪代表も参戦 「間口広げたい」

平昌五輪代表の本橋麻里(画面右下)らが参加したオンラインのカーリング大会。リンクとは勝手の違う戦いに、選手たちも悪戦苦闘した=ユーチューブより

 新型コロナウイルスの影響で冬季競技も先行きが見通せない状況が続くが、2018年平昌五輪で日本女子初の銅メダルを獲得したカーリングでは、関係者がアピールの場を増やそうと試行錯誤している。5月末には五輪代表選手も参加してオンラインゲーム大会を開催。関係者は「間口を広げる取り組みを続けたい」と力を込める。

 大会は北米や欧州を舞台としたワールドツアーの日本支部、WCTジャパンが主催。5月23~31日に「オンラインカーリングカップ」が開催され、平昌五輪男子代表の山口剛史(35)=SC軽井沢ク=と女子代表の本橋麻里(33)=ロコ・ソラーレ=らが参加した。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです