メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悩ましい「密」対策 再始動のパラスポーツ 競技団体が指針づくりに苦心

障害の程度が異なる選手が出場し、激しい接触を繰り返す車いすラグビー=東京体育館で2019年10月20日、佐々木順一撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除され、1年の延期が決まった東京パラリンピックに向けてアスリートたちも再始動する。ところが、各競技団体は練習再開の条件となる感染症予防対策のガイドライン(指針)作りに苦心する。重度の障害を抱える選手が感染により重症化する恐れもあり、手探りの状態が続いている。

 統括団体の日本障がい者スポーツ協会は5月22日、緊急事態宣言の解除に伴う練習再開に際し、各競技団体に感染症対策の指針作成を要請した。用具の徹底した消毒や、介助者を含めた練習前後の手洗いなど基礎的なことから、各競技の特性に応じた「独自の視点」を盛り込んだ対策を求めた。

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです