メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 外国人留学生、苦境 支援金成績上位のみ/「差別」の声も

日本語の勉強に打ち込むトゥプシン・バットセンゲルさん=千葉県成田市で2020年5月26日、中村聡也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大による雇用情勢の悪化で、外国人留学生が苦境にあえいでいる。収入が途絶え、学費などが支払えない学生が続出しているためだ。政府は困窮した学生に対する現金給付制度を始めたが、留学生は成績などの条件をクリアする必要がある。専門家からは「留学生への差別であり、切り捨てだ」との声が上がる。

 「5月のアルバイト収入は8000円ほどです」。千葉県成田市の集合住宅で暮らすモンゴル国籍のトゥプシン・バットセンゲルさん(20)は、深いため息をついた。新型コロナによる航空需要の減少で、4月から成田空港での機内清掃のアルバイトが激減。毎月10万円以上稼ぎ、家賃や学費に充てていたバイト代はほぼなくなった。日本に住む全ての人に一律10万円を支給する「特別定額給付金」は振り込まれたが、1カ月分のバイト代にしかならない。

 現在、他のモンゴル人学生ら2人と共同生活しているが、貯金を取り崩す日々だ。日本語学校での授業は6月から再開されたが、秋以降の学費約30万円を支払う当てはない。「日本で建築家になる夢をかなえるために頑張ってきたのに、今後どうすればいいのか」と不安な表情を浮かべる。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 台風で常磐線、久留里線、鹿島線が計画運休 成田線も見合わせの可能性

  4. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです