メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

コロナがあぶり出す実相=斉藤希史子

舞踊界への支援を求める署名キャンペーンの画面(部分)

 新型コロナウイルス禍はバレエ界の活動も凍結させている。関係者の窮状を救おうと5月20日、ネット上で署名集めが始まった。名目は「コロナで苦しむバレエ等舞踊に携わる人への支援を政府に求めよう!」。趣意書では「喫緊の課題」として次の3項目が挙げられた。

 A リモートレッスンはもう限界!▽B 男性ダンサーを救え!▽C 私たちダンサーは満席のお客様の前で踊りたい!

 細かくみていくと、Aはバレエ教室の主張。オンラインで稽古(けいこ)を続けても、月謝収入は激減しているのだろう。Bについては「プロの男性ダンサーは出演料が主な収入源で、劇場閉鎖は死活問題」と訴えている。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです