メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親潮の面積、過去最小 三陸沖不漁に影響 3、4月太平洋沖 /宮城

図・親潮の南下状況(4月中旬)

 3、4月に東北の太平洋沖で広がった親潮の面積が、1982年の統計開始以降、最も小さかったことが、仙台管区気象台の観測で分かった。親潮は栄養分を多く含み、豊かな漁場を育む。気象台は「親潮の変化が三陸沖など北日本の不漁に大きな影響を与えている」としている。

 気象台によると、今年3、4月に太平洋沖で観測した親潮の平均面積は、平年の35%の4万7000平方キロ。これま…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  5. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです