メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親潮の面積、過去最小 三陸沖不漁に影響 3、4月太平洋沖 /宮城

図・親潮の南下状況(4月中旬)

 3、4月に東北の太平洋沖で広がった親潮の面積が、1982年の統計開始以降、最も小さかったことが、仙台管区気象台の観測で分かった。親潮は栄養分を多く含み、豊かな漁場を育む。気象台は「親潮の変化が三陸沖など北日本の不漁に大きな影響を与えている」としている。

 気象台によると、今年3、4月に太平洋沖で観測した親潮の平均面積は、平年の35%の4万7000平方キロ。これま…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです