メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 癒やし求め、観光地へ 恵那峡遊覧船にぎわう/白川村、人まばら /岐阜

恵那峡遊覧船を楽しみ、満足そうな表情を浮かべる観光客=岐阜県恵那市大井町で

 新型コロナウイルスによる政府の「緊急事態宣言」が解除されて以降、県内の観光地でも観光客の受け入れが始まり、観光客からは喜びの声が漏れ始めた。一方、感染防止対策が受け入れ側に求められる中の「自粛」緩和だけに、以前までの「大にぎわい」とはなっていない。

 木曽川中流の渓谷で、壮大な奇岩・怪岩を堪能できる恵那峡。6日から恵那峡遊覧船(恵那市大井町)の運航が再開し、約120人が訪れた再開初日に続き、晴天に恵まれた7日も観光客でにぎわった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月16日から運航を見合わせていた。再開を楽しみに自家用車で来た金沢市の池上圭子さん(59)は「恵那峡に初めて来たが、とてもきれいだった。次は孫と来たい」と、3月以来の初めてのお出かけに笑顔だった。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界王者・山西、男子5000m競歩で「想定内」の日本新 「喜ぶほどでない」

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです