メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

非接触型体温計の仕組みは? 物質が発する赤外線 強さをセンサーで計測=回答・塚本恒

映画館で検温される入場者=東京都渋谷区で2020年6月1日、内藤絵美撮影

 なるほドリ 最近、買い物に行ったらお店の入り口で店員に「体温を測ります」って言われて、額(ひたい)に機械を近づけられたんだよ。

 記者 非接触型(ひせっしょくがた)の体温計ですね。

 Q 触れてもいないのに体温が分かるの?

 A 赤外線(せきがいせん)を利用して計測しているからです。すべての物体は理論上、マイナス273・15度という「絶対零度(ぜったいれいど)」より高ければ、微弱(びじゃく)の赤外線を発するという性質を利用しています。温度が高くなるほど赤外線が強くなるので、センサーで強さを瞬時(しゅんじ)に測って割り出します。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです