メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック 宣言解除後、これからどうなる

 <くらしナビ ライフスタイル>

スペイン風邪の流行 集会禁止に効果あり 過去の歴史を教訓に

 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策には、100年前のスペイン風邪の教訓が生きています。米国で、集会をいち早く禁止した都市と、禁止が遅れた都市では感染者や死者の数が大きく違ったからです。この教訓から、緊急事態宣言が解除された後が心配です。

 約100年前の1918年、日本を含(ふく)め世界中で「スペイン風邪」と呼ばれたインフルエンザが大流行しました。当時は単なる風邪とインフルエンザの区別がついていなかったから「風邪」と呼ばれました。インフルエンザがウイルスによって引き起こされることがわかったのは、1930年代に電子顕微鏡(でんしけんびきょう)が発明されて以降のことです。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1470文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです