立憲と社民の合流協議 6月中に論点整理 社民は地方中心に慎重論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】立憲民主党の福山哲郎幹事長【右】社民党の吉田忠智幹事長
【左】立憲民主党の福山哲郎幹事長【右】社民党の吉田忠智幹事長

 立憲民主党の福山哲郎、社民党の吉田忠智両幹事長は8日、国会内で会談し、党合流に向けた論点などを整理した文書を6月中にまとめる方針で一致した。党綱領や地方組織、党員制度のあり方などを示す。

 福山氏は会談後、共同記者会見で「今月中に合併に向けての確認事項を文書にまとめる」と表明した。社民党は地方組織を…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集