メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特派員レポート

黒人男性暴行死 米で広がる「南軍」記念碑撤去 奴隷制象徴、なお1700以上

 米中西部ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件に対する抗議デモが続くなか、南北戦争(1861~65年)で黒人奴隷制度の存続を主張した南部連合に関係する銅像や記念碑を撤去する動きが再び広がっている。南部バージニア州のノーサム知事(民主党)は、州都リッチモンドにある南部連合軍司令官リー将軍の像を撤去すると発表した。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです