極左集団「アンティファ」の“黒幕説”は本当か 米黒人男性暴行死の抗議デモ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
極左集団「アンティファ」の旗を身にまとう抗議デモ参加者=米東部マサチューセッツ州ボストンで2020年5月31日、ロイター
極左集団「アンティファ」の旗を身にまとう抗議デモ参加者=米東部マサチューセッツ州ボストンで2020年5月31日、ロイター

 米国の抗議デモを巡り、トランプ大統領らは極左集団「アンティファ」が暴力や略奪を扇動していると主張している。インターネット上でも「アンティファ黒幕説」が流れているが明確な証拠はなく、組織としての実態もはっきりしない。

 ホワイトハウスが3日、公式のツイッターとフェイスブックに投稿し、約1時間後に削除したとされる動画がある。

 米ネットメディアのインターセプトによると、各地のデモ現場に積み上げられたれんがや、デモ参加者とみられる人々がれんがを投げて建物の窓ガラスを割る様子などをつなげた動画で「アンティファやプロの無政府主義者たちが暴力を扇動するため、れんがや武器を用意している。国内テロ行為だ」との説明が添えられた。削除の理由は不明だが、インターセプトは「複数のジャーナリストが(アンティファとは無関係の)虚偽の動画であることを暴いた」としている。

 アンティファは反ファシストの意味で、1930年代にナチス・ドイツなどに抵抗した集団がルーツとされる。現在はネオナチ…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1476文字)

あわせて読みたい

注目の特集