メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ韓国は強硬姿勢に転じたか GSOMIA破棄の動きに日本政府は不信感

日韓の輸出規制強化をめぐる動き

 韓国政府が、日本の輸出規制強化をめぐり、世界貿易機関(WTO)への提訴手続き再開を発表するなど強硬姿勢に出ている。昨秋から事務レベルでの対話で、冷え込んだ日韓関係の改善を探っていただけに、不信感を強める日本政府。根本にある元徴用工問題を巡る対立が解消されない中、またしても「対決モード」になりかねない状況だ。

 「日本は問題解決の意思を示していない」「正常な対話が進むと考えにくいので再びWTOへの提訴手続きを進める」

 韓国産業通商資源省の羅承植(ナスンシク)貿易投資室長は今…

この記事は有料記事です。

残り2818文字(全文3056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです