なぜ韓国は強硬姿勢に転じたか GSOMIA破棄の動きに日本政府は不信感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日韓の輸出規制強化をめぐる動き
日韓の輸出規制強化をめぐる動き

 韓国政府が、日本の輸出規制強化をめぐり、世界貿易機関(WTO)への提訴手続き再開を発表するなど強硬姿勢に出ている。昨秋から事務レベルでの対話で、冷え込んだ日韓関係の改善を探っていただけに、不信感を強める日本政府。根本にある元徴用工問題を巡る対立が解消されない中、またしても「対決モード」になりかねない状況だ。

韓国が切った「圧力カード」

 「日本は問題解決の意思を示していない」「正常な対話が進むと考えにくいので再びWTOへの提訴手続きを進める」

 韓国産業通商資源省の羅承植…

この記事は有料記事です。

残り2820文字(全文3056文字)

あわせて読みたい

注目の特集