特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ予防にも生きた平和構築 紛争絶えぬアフガンで再開した市民団体の模索

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタン東部ナンガルハル州チャプリハール郡で、地元NGOが準備した新型コロナウイルスの啓発活動に参加する住民ら。距離を置くなど感染回避対策を取っている=日本国際ボランティアセンター(JVC)提供
アフガニスタン東部ナンガルハル州チャプリハール郡で、地元NGOが準備した新型コロナウイルスの啓発活動に参加する住民ら。距離を置くなど感染回避対策を取っている=日本国際ボランティアセンター(JVC)提供

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、日本の国際協力の不安材料にもなっている。紛争が続くアフガニスタンで日本のNGOの支援を受けて地元団体が行う平和構築活動も先行きが見通せない。それでも、現地団体を率いるサビルラ・メムラワルさん(43)は、半年前に銃撃され死亡した中村哲医師(当時73歳)への思いも胸に「平和への道」を進もうとしている。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2131文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集