おいしくて安全な米に 兵庫・豊岡でアイガモ放鳥 収穫米は岡山など被災地へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
被災地に贈る米を育てるインターアクト米圃場でアイガモやアヒルを放つ豊岡ロータリークラブのメンバーら=兵庫県豊岡市下宮で2020年6月7日午前9時23分、村瀬達男撮影
被災地に贈る米を育てるインターアクト米圃場でアイガモやアヒルを放つ豊岡ロータリークラブのメンバーら=兵庫県豊岡市下宮で2020年6月7日午前9時23分、村瀬達男撮影

 東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨の被災地に贈る米をアイガモ農法で育てる兵庫県豊岡市下宮のインターアクト米圃場(ほじょう)で7日、豊岡ロータリークラブ(RC)のメンバーや市民ら12人がアイガモとアヒル計38羽のひなを放鳥した。

 2012年から県立豊岡総合高のインターアクトクラブの生徒とRCが連携し、農家の池上敏紀さん(66)から田んぼを借りてコシヒカリを栽培しており、9年目。…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集