目覚まし2個、「起床装置」でも起きられず… JR九州駅員が寝坊 始発電車に乗客乗れず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR九州本社=浅川大樹撮影
JR九州本社=浅川大樹撮影

 JR九州は7日、日豊線亀川駅(大分県別府市)で宿直勤務していた20代の男性駅員が寝坊したため改札口が開かず、乗客が同日の始発電車に乗れなかったと発表した。

 同社大分支社によると、駅員が定刻通りに起床できなかったため、改札口のシャッターが開かず、亀川駅を始発とする午前5時48分発の電車(大分行/2両編成)が乗客を乗せずに発車した。…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集