特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

航空各社が合同で旅客を見送り 国内線一部再開 感染対策の徹底も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「一緒にがんばりましょう!!」と書かれた横断幕を手に、出発便を見送るLCC各社のスタッフ=成田空港で2020年5月31日午前11時50分、中村宰和撮影
「一緒にがんばりましょう!!」と書かれた横断幕を手に、出発便を見送るLCC各社のスタッフ=成田空港で2020年5月31日午前11時50分、中村宰和撮影

 航空各社が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の全面解除を受け、運休している国内線の一部再開に動き出した。運航便数はまだ少ないものの、各社は合同で見送りイベントを開き、機内でのマスク着用の要請など感染防止対策の徹底に努めている。【中村宰和】

 閑散としている千葉県の成田空港の格安航空会社(LCC)専用の第3旅客ターミナルに、「いってらっしゃい」「ご搭乗ありがとうございます」と、航空会社スタッフの声が響いた。「がんばろうプロジェクト」と銘打ち、ピーチ・アビエーションとジェットスター・ジャパン、春秋航空、春秋航空日本、チェジュ航空のLCC5社が合同で5月31日に実施した。

 各社の制服姿のスタッフが並び、搭乗手続きを終えた他社便の旅客にも一緒に声を掛けた。駐機場に移動すると、出発便に手を振って見送った。ピーチ成田空港所の潮田高志所長は「旅客に感謝を伝えたかった。各社が頑張って一緒に乗り越え、今後も合同のイベントを開きたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1345文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集