メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー運転手、解雇撤回でロイヤルリムジンGと和解 「今後は従業員を大切にして」

会社が従業員にサインを求めた「退職合意書」。合意書を書くと、失業給付に必要な離職票を交付される=木許はるみ撮影

[PR]

 タクシー事業を展開する「ロイヤルリムジン」(東京都)グループの70代男性運転手が、新型コロナウイルスの感染拡大による解雇は無効として地位確認を求めた仮処分申請は8日、東京地裁で和解が成立した。男性の代理人弁護士によると、グループ会社が解雇を撤回し、事業再開までの休業手当や解決金を支払うという。

 ロイヤルリムジンは4月に都内のタクシー営業を休止し、グループ全体で運転手ら約600人を一斉解雇する方針を表明した。地位確認を求めた男性は「解雇を回避する努力を怠った」と主張していた。

 男性は役員2人に損害賠償を求める訴訟も起こしていたが、和解を受けて取り下げる。男性は「当然の結果と思う一方で、ほっとした。会社は重く受け止め、今後は従業員を大切にしてほしい」とのコメントを出した。【土江洋範】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです