特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ時代に求められる避難所の改革 発熱者の隔離難しく 子供の分離も多難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本地震の避難者で密集状態になった熊本市内の避難所=熊本市提供
熊本地震の避難者で密集状態になった熊本市内の避難所=熊本市提供

 全国的な梅雨入りを前に、自治体が新型コロナウイルスの感染拡大に対応した避難所の感染症対策を進めている。避難者を受け入れる前に検温し、発熱者がいれば別室に入ってもらうことなどが柱だが、発熱の原因がコロナ感染か普通の風邪か判別するのは難しく、「発熱者」でひとくくりにして同じ部屋に隔離すれば新たな感染リスクが生じかねない。幼い子供や要介助の高齢者が発熱していた場合、家族をどうするかも難しい課題で、自治体は局面に応じた判断を迫られる。

 内閣府が都道府県などに出した5月21日付通知では、発熱者などについて「可能な限り個室にすることが望ましいが難しい場合は専用スペースを確保する」とした。27日付通知ではホテルや旅館の活用も求めた。

 九州・山口の政令市や県庁所在市に尋ねたところ、発熱者にそれぞれ個室を用意できる見通しが立っているのは福岡市。学校の空き教室などを活用して発熱者一人一人を分けるという。山口市も各避難所に発熱者用の個室を設ける方向で検討している。

 一方で、コロナ感染による発熱者と風邪による発熱者の混在リスクを完全に避けるのは難しいと答えた自治体も多かった。

 新型コロナウイルスの…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1267文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集