特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

プロ野球、定期的なPCR検査を導入 開幕までに1度 その後は月1回

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団の臨時12球団代表者会議が8日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を12球団で定期的に実施していくことを決めた。6月19日の開幕までに1度、実施し、その後は1カ月に1回のペースで定期検査を行う。対象は選手や監督、コーチ、スタッフら球団関係者全員と審判。

 代表者会議後の記者会見で斉藤惇コミッショナーは「(流行の)第2波、第3波も予想され、予断を許さない状況が続いている。それでも当初は難しいと思われていた全選手へのPCR検査ができるということで、安全な試合開始へ向けてしっかりと準備をしていきたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文875文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集