メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

コロナ禍でも「さわる」=小国綾子

大学で「ユニバーサル・ミュージアム」について講義する広瀬浩二郎さん(右)=神奈川県平塚市で2019年2月15日、成田有佳撮影

 「コロナ禍で、私の『触る』がもがれた感じ。どうすればいいのでしょう?」。まるで悩み相談のような取材依頼書を送った。

 相手は国立民族学博物館(大阪府)の広瀬浩二郎准教授。彼が最近始めたブログ連載の、こんな一節が気になったのだ。<世界よ、さわることを忘れるな――>

 全盲の広瀬さんは「視覚障害者は『濃厚接触』のプロ」という。点字の触読にしろ、外出時に誘導を受けるにしろ「僕らの暮らしは濃厚接触の連続だ」とも。

 そんなわけで「プロ」に尋ねた。会議も飲み会もリモートで「濃厚接触」が減り、その不自由にすら慣れ始めた私の、そして社会の「触る」はどうなるのでしょう?

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです