「民族共生」願い アイヌ文化施設、町民招き内覧会 北海道・白老

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
内覧会で公開された民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族博物館の基本展示室。中央は映像で語りを聞けるブース=北海道白老町で2020年6月9日、貝塚太一撮影
内覧会で公開された民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族博物館の基本展示室。中央は映像で語りを聞けるブース=北海道白老町で2020年6月9日、貝塚太一撮影

 政府が北海道白老町に整備したアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称ウポポイ)」で9日、地元町民向けの内覧会が始まった。招待を受けた町長や町議ら約140人が見学し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月末から延期したまま未定となっている開業日に向け地元施設をPRした。内部が一般にお披露目されたのは初…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

あわせて読みたい

ニュース特集