メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際レッドリストのリスク分類 タンチョウ、下げ検討 国内研究者「現状維持を」

雪原でタンチョウのペアが「求愛ダンス」を踊る=鶴居村の鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリで2017年2月14日、手塚耕一郎撮影

 国際自然保護連合(IUCN)の野生生物レッドリストで「絶滅危惧ⅠB類(EN)」に分類されているタンチョウについて、鳥類の評価を担当している国際環境NGO「バードライフ・インターナショナル」(本部・英国)がリスク分類を「危急種(VU)」に1ランク下げる検討をしていることが明らかになった。日本の研究者らは「ランクを下げるべきではない」と現状維持を求めている。

 同NGOは6月1日、ウェブサイトでタンチョウのカテゴリーを引き下げる趣旨の改訂案を公開し、広く意見を求めている。関係者によると、改訂案に変更がなければ、年内にもレッドリストが見直される見通しという。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです