メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ マスク寄贈の中2、全国から手紙100通 「手作りの輪」広がる

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄が続いていた3月、山梨県に手作りマスクを寄贈した山梨大教育学部付属中2年、滝本妃(ひめ)さん(14)=甲府市=の行動が反響を呼んでいる。各地の中学生らが手作りマスクを寄贈する“共助の輪”が広がり、滝本さんの元には全国から100通を超える称賛の手紙が届いている。

 マスク作りのきっかけは2月末、母親と薬局に立ち寄った際、店内でマスクを探し回る高齢女性の姿を見かけたことだ。「いろんな店を回ったが、マスクが買えない」。店員にそう訴える女性の姿に、将来は医師になるのが夢の滝本さんは「力になりたい」と思ったという。

 貯金していたお年玉8万円を崩して布やガーゼ、ゴムといった材料を購入。1人で製作に取り組んだ。ゴムを通す部分の縫製が難しく、1枚作るのに10分かかる。長い時は1日5時間もミシンと向き合った。作業時は手指の消毒も心掛け、出来上がったマスク一枚一枚を丁寧に包装し「手洗い、うがいは念入りに♡」などのメッセージを添えた約600枚を県に寄贈した。マスクは高齢者施設や児童養護施設に配られている。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです