新型コロナ フェースシールド165個製作し贈呈 聴覚支援学校生が県に /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊東昭代教育長(右)にフェースシールドが入った袋を手渡す県立聴覚支援学校の生徒たち=宮城県庁で
伊東昭代教育長(右)にフェースシールドが入った袋を手渡す県立聴覚支援学校の生徒たち=宮城県庁で

 県立聴覚支援学校(仙台市太白区)の生徒らが8日県庁を訪れ、伊東昭代教育長に同校で製作したフェースシールド165個を贈った。県は新型コロナウイルスの感染予防のため、県立学校の養護教諭らに配布する。

 フェースシールドを作ったのは、高等部と専攻科の機械システム科に所属する生徒4人。同校で臨時登校が始まった5月下旬から、実習助手の板垣昌悦…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

注目の特集