メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ フェースシールド165個製作し贈呈 聴覚支援学校生が県に /宮城

伊東昭代教育長(右)にフェースシールドが入った袋を手渡す県立聴覚支援学校の生徒たち=宮城県庁で

 県立聴覚支援学校(仙台市太白区)の生徒らが8日県庁を訪れ、伊東昭代教育長に同校で製作したフェースシールド165個を贈った。県は新型コロナウイルスの感染予防のため、県立学校の養護教諭らに配布する。

 フェースシールドを作ったのは、高等部と専攻科の機械システム科に所属する生徒4人。同校で臨時登校が始まった5月下旬から、実習助手の板垣昌悦…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです