メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに負けない!

商売の原点は客の笑顔 豊洲仲卸・吉善 吉橋善伸社長(40) /千葉

吉崎善伸さんと長男由馬さん

 新型コロナウイルスの影響で飲食店の休業や営業時間短縮が長引き、「日本の台所」豊洲市場も打撃を受けた。豊洲の水産仲卸業「吉善」は、浦安市で「すし処 善」と回転すし店「吉恒」も経営している。吉橋善伸社長(40)は「魚がお客さんの口に届くまでの流れを止めない」と仲卸、すし店ともに営業を続け、「利益度外視」でテークアウトに力を入れてきた。【聞き手・小林多美子】

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです