メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定住者「日本語力低い」 技能実習生に比べ 浜松市外国人調査 /静岡

 多くの外国人を抱える浜松市が企業や外国人市民を対象に行った日本語教育実態調査で、1990年の改正入管難民法施行以降に来日した日系人らの定住者が近年、増加する技能実習生よりも自己評価で日本語能力を低く感じている傾向が明らかになった。427人から回答を得た。

 市は、来日前に日本語研修を受ける技能実習生に比べ、日系人らは学習の機会がないままで来日して生活を始めると分析。実情に配慮し、公的な日本語教育をどのように行うべきかを十分に検討する必要があるとする。

 市内で働く外国人は日系人らのブラジル人が半数超。フィリピン国籍が続く。技能実習生だけでみると、ベトナム人やインドネシア人の比率が高い。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです