特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

新型コロナ 夏の高校野球、独自の県大会開催 来月18日開幕、無観客で感染防止徹底 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
森将之部長の話を真剣な顔で聞く伊香の選手ら=滋賀県長浜市木之本町木之本の同校で、菅健吾撮影
森将之部長の話を真剣な顔で聞く伊香の選手ら=滋賀県長浜市木之本町木之本の同校で、菅健吾撮影

 県高野連は8日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった第102回全国高校野球選手権滋賀大会に替わる独自の大会について、7月18日から無観客で開くと発表した。大会名は「夏季滋賀県高校野球大会」とする公式戦で、県高野連主催、日本高野連と朝日新聞社が後援する。【諸隈美紗稀、菅健吾】

 6月5日の県高野連の理事会で決定した。大会は各校の授業日に配慮して、土日・祝日の10日間で実施する。県高野連は開催理由について「夏の公式戦は1、2年生を含めた全ての部員にとって意味のある大会のため」と説明した。

 開会式と閉会式は行わない。試合はトーナメント戦で、8月2日の準々決勝までは皇子山球場(大津市)と湖東スタジアム(東近江市)で開催し、8日の準決勝と9日の決勝は県立彦根球場(彦根市)で開催する予定。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1042文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る