メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/97 慰安婦問題めぐる不自由 「親日」「反日」で攻撃は怖い /大阪

 「土着倭寇」という聞き慣れない言葉が、昨年から韓国でしばしば使われるようになった。調べると、日露戦争で日本に協力した団体を「土倭」と揶揄(やゆ)した一文が1908年に新聞に載り、それが転化したとのこと。中世、朝鮮半島を頻繁に襲った海賊を引き入れた者になぞらえ、「親日派」を侮蔑する言葉として再登場したのである。

 韓国では、歴史認識問題で「親日派」とレッテルを貼られると大きな傷を負う。特に従軍慰安婦問題でその傾向は強く、支援団体の主張に異見を唱えることは長くタブーであった。「慰安婦といっても、動員の方法や慰安所の運営は時期や場所によってさまざまだったが、それを書くと『親日』攻撃を受けるので、記事化するのは難しかった」と、韓国のある大手紙の元論説委員は振り返る(彼は匿名を求めた)。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです