新型コロナ 「気兼ねなく」学校生活 朝来市教委、全小中に透明シールド配布 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
飛沫防止用のシールドを机上に立て、給食を食べる生徒=兵庫県朝来市の和田山中で、松田学撮影
飛沫防止用のシールドを机上に立て、給食を食べる生徒=兵庫県朝来市の和田山中で、松田学撮影

 朝来市教委は、新型コロナウイルス対策の一環として市内全13小中学校の生徒、教職員一人ずつに机上に設置する飛沫(ひまつ)感染防止用の塩化ビニール製シールドを配布することにした。同市和田山町の市立和田山中学校(丸山雅清校長、405人)では、8日から使用を始めた。

 透明の塩ビ製シールド(縦43センチ、横35センチ)…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

あわせて読みたい

ニュース特集