メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 2次補正審議、政府防戦 野党、「委託問題」猛追及

衆院本会議で共産党の藤野保史氏(手前)の質問を聞く安倍晋三首相(奥右)と麻生太郎財務相=国会内で8日、竹内幹撮影

 8日の衆参両院の本会議で2020年度第2次補正予算案の審議が始まり、野党側は中小企業などに上限200万円を支給する「持続化給付金」の再委託や需要喚起策「Go Toキャンペーン」の多額の事務委託費など1次補正予算に照準を合わせ、政府を追及した。安倍晋三首相は「適切な予算執行に努めるべきものと考えている。もとよりその費用については無駄があってはならない」と防戦に追われた。

 「国民の生活や雇用をしっかり守り抜くとともにコロナ時代の新たな日常を作り上げていく」。首相はこの日の本会議で2次補正予算案の早期成立を目指す姿勢を強調した。持続化給付金の再委託を巡っては、「真に必要となった経費のみを支払う」と繰り返し、「税金の無駄遣い」(国民民主党の大西健介氏)との批判をかわすのに躍起となった。

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです