NYタイムズ幹部辞任 軍介入求める論説掲載で 社主「編集過程で重大な問題」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ニューヨークで、黒人男性暴行死事件を巡り国連本部に向けて行進するデモ隊=2020年6月7日、ロイター共同
米ニューヨークで、黒人男性暴行死事件を巡り国連本部に向けて行進するデモ隊=2020年6月7日、ロイター共同

 米有力紙ニューヨーク・タイムズ(本社ニューヨーク市)は7日、黒人男性暴行死を巡る抗議デモに軍の介入を訴える保守派上院議員の論説を掲載し批判が殺到した問題で、論説欄を担当する幹部が辞任したと発表した。事実上の更迭とみられる。

 辞任したのは論説欄編集長のジェームズ・ベネット氏。サルツバーガー社主は「編集過程で重大な」問題が生じたと理由を説明した。

 共和党保守強硬派のコットン議員による「軍を派遣せよ」と題した3日付の論説に対し、800人を超す職員が…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集