鳥羽水族館が新種のヨコエビ発見 命名「チンボクヨコエビ」 学名「バチケラドクス ヤポニクス」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新種と判明したチンボクヨコエビの標本=鳥羽水族館提供
新種と判明したチンボクヨコエビの標本=鳥羽水族館提供

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽3)は8日、熊野灘で見つかった甲殻類の仲間のヨコエビが新種と判明したと発表した。深海に沈んだ木から見つかったため、和名は「チンボクヨコエビ」と命名された。学名は「バチケラドクス ヤポニクス」。9日から標本を一般公開する。

 同水族館が2015年9月と19年2月に熊野灘で実施した調査で水深330~400メートルの海底から沈木を採取。学芸員の森滝丈也さん(50)が沈木の中から計9匹(13.7~17.5ミリ)を発見した。ヨコエ…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集