マイナンバー制度差し止め訴訟 金沢地裁も請求棄却の判決 住民控訴の方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
金沢地裁に入るマイナンバー訴訟の原告団=金沢市丸の内の金沢地裁前で2020年6月9日午後0時53分、阿部弘賢撮影
金沢地裁に入るマイナンバー訴訟の原告団=金沢市丸の内の金沢地裁前で2020年6月9日午後0時53分、阿部弘賢撮影

 マイナンバー制度は憲法13条が保障するプライバシー権を侵害し違憲だとして、石川県の住民50人が国に自分の個人番号の利用差し止めや1人当たり11万円の損害賠償を求めた訴訟で、金沢地裁(押野純裁判長)は9日、請求を棄却した。住民は控訴する方針。全国8地裁で起こされた一斉訴訟の4件目の判決で、既に横浜、…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

ニュース特集