メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美容院、感染起きた病院関係者に「ごえんりょを」と張り紙 保健所が指導 茨城

写真はイメージです=ゲッティ

[PR]

 新型コロナウイルスの院内感染が起きた病院に出入りした人の来店を断るという内容が書かれた張り紙を掲げていた茨城県内の美容院に対し、地元の保健所が美容師法にもとづき器具の消毒を徹底するよう指導した上、張り紙の撤去を要請していた。感染者や医療従事者への嫌がらせが問題となる中、行政機関が指導に乗り出した事例は珍しく、厚生労働省は「他の例は把握していない」としている。

 関係者によると、この美容院では4月初め「お客様各位 せき発熱のある方、○○(病院名)に2週間以内に行かれた方はごえんりょ頂きますようよろしくお願いいたします。」と記した紙を入り口に張り出していた。医療従事者と来院者を一律に排除する内容で、病院スタッフが見つけて病院に連絡。病院は4月中旬に保健所に相談した。

 保健所は美容院側に掲載の理由を尋ねたが、明確な説明はなかった。美容師法は器具などの消毒を店主らに求めていることから、定められた消毒を施していれば感染リスクを過剰に恐れることはないはずと判断。消毒の徹底を指導した上、張り紙の撤去を求めた。

 この病院では3月下旬に院内感染が発生し、外来診療を一時ストップ。偏見や嫌がらせの報告が10件ほど寄せられていた。美容院の責任者は取材に、指導前に診療が再開したため、張り紙に書いた病院名を削除し、症状のある人と濃厚接触者に限って来店を拒否する内容に改めたと説明する。「感染が怖かった。美容院も休業要請対象に含めてほしかった」と話している。

 厚労省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は「保健所が指導した事例は把握していない。感染症について正しく理解してもらい偏見を生まないよう啓発に努めている」としている。【関谷俊介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです