メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美容院、感染起きた病院関係者に「ごえんりょを」と張り紙 保健所が指導 茨城

写真はイメージです=ゲッティ

 新型コロナウイルスの院内感染が起きた病院に出入りした人の来店を断るという内容が書かれた張り紙を掲げていた茨城県内の美容院に対し、地元の保健所が美容師法にもとづき器具の消毒を徹底するよう指導した上、張り紙の撤去を要請していた。感染者や医療従事者への嫌がらせが問題となる中、行政機関が指導に乗り出した事例は珍しく、厚生労働省は「他の例は把握していない」としている。

 関係者によると、この美容院では4月初め「お客様各位 せき発熱のある方、○○(病院名)に2週間以内に行かれた方はごえんりょ頂きますようよろしくお願いいたします。」と記した紙を入り口に張り出していた。医療従事者と来院者を一律に排除する内容で、病院スタッフが見つけて病院に連絡。病院は4月中旬に保健所に相談した。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです