メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』『サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する』ほか

◆『宿無(やどな)し弘文(こうぶん) スティーブ・ジョブズの禅僧』柳田由紀子・著(集英社インターナショナル/税別1900円)

 アップル創始者が若き日に禅を学び、それがミニマルで美しく、創造力に富む同社の姿勢と製品を生んだ、という話がある。柳田由紀子『宿無(やどな)し弘文(こうぶん) スティーブ・ジョブズの禅僧』はその真相を突き止めた本と言っていい。

 ジョブズが「生涯の師」と仰いだのが禅僧・乙川弘文。1960年代後半に渡米、そこで当時のヒッピーや迷える若者たちに「ZEN」を指導し、広めた。その中に学生だったジョブズもいた。しかしこの禅僧、すこぶる異色であった。3回の結婚、放浪、酒乱と浪費、最後は池でおぼれ死んだ。

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです