メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ マスク寄付へ奮闘中! 市邨高生、カンボジア農村に 名古屋 /愛知

カンボジアに贈るマスクを前にする稲垣空良さん(左)と加藤浩太朗さん=名古屋市千種区の名古屋経済大市邨高校で

 世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、名古屋経済大市邨高校(名古屋市千種区)の生徒約20人が、カンボジアの農村にマスクを寄付しようと奮闘している。休校中に自作したり、校内外に寄付を呼びかけたりして、これまでに約2400枚が集まった。

 活動の中心となったのは、いずれも同校3年の稲垣空良(そら)さん(17)と加藤浩太朗さん(17)。授業で難民について学んだことがきっかけで難民支援に興味を持ち、シリアに子供服や文房具を送るなどの活動をしてきた。また、カンボジアの農村で…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです