メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ PCR検査所、市立長浜病院に開設 ドライブスルー方式 湖北、湖東で初 /滋賀

報道陣に公開された、PCR検査の検体採取の手順を確認するデモンストレーション=滋賀県長浜市大戌亥町の市立長浜病院で、若本和夫撮影

[PR]

 市立長浜病院(長浜市大戌亥町)は10日、新型コロナウイルス感染症の疑いがある人を対象にドライブスルー方式でPCR検査を実施する「地域外来・検査センター」を開設する。同センターの開設は県内で4カ所目だが、湖北、湖東地域では初めて。

 PCR検査は、地域の医療機関を受診し医師が必要と判断した患者が対象となる。センターは月~水曜の午前10~11時、同病院診療支援棟北側の駐車場に開設。医師1人、看護師2人、事務職員2人の5人体制で検査に臨み、1日当たり5~10人の受け入れが可能という。検査結果は2日後に地域の医療機関を通して患者に伝えられる。病院職員が患者役を務めて検体採取の手順を確認するデモンストレーションが9日にあり、報道陣に公開された。神田雄史院長は「(感染拡大の)第2波、第3波に備えてしっかりと準備し、開業医や患者の不安を払拭(ふっしょく)したい」と話した。【若本和夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです