メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ eスポーツの未来

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、eスポーツの注目度が高まっている。海外ではバスケットボールやテニスなどのトップ選手らが熱い戦いを繰り広げてファンを楽しませているほか、国内でも野球やサッカーなどで「仮想」と「現実」の垣根を越えて交流が進む。コロナ禍の今、eスポーツの未来を考える。

 今年4月に開催されたサッカー・Jリーグ主催のeスポーツイベント「eJリーグ オンラインチャレンジカップ」にクラブ(サンフレッチェ広島)の推薦選手として出てほしいという話をいただいた。新型コロナウイルスの影響でスポーツ観戦ができない状況で、少しでもサッカーに触れ合ってもらいたいと参加を決めた。現役のeスポーツ選手も出ると聞き、どれくらいレベルが高いのか肌で感じてみたいという思いもあった。ゲームはずっとやっていなかったので、クラブの事務所で練習した。大会の約1週間前から1日3~4時間、プロのeスポーツ選手にコントローラーの操作方法など基本から丁寧に教えてもらった。

 大会は、決勝トーナメント1回戦でFC東京のクラブコミュニケーターを務める石川直宏氏(39)と対戦。お互い元サッカー選手で緊張感があり、久しぶりに現役の頃の気持ちを思い出した。自分の負けず嫌いが出たと思う。選手にはやりたいサッカーというものがあり、僕は美しい崩しからゴールを決めたいとの思いを現役時代に持っていた。このスタイルはゲームにも反映され、選手によって色が出る気がする。リアリティーがあって、…

この記事は有料記事です。

残り3931文字(全文4558文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです