特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 所定外給与12.2%減 最大下げ幅、残業減影響 4月

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省が9日公表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、4月の現金給与総額(名目賃金)は前年の同じ月と比べて0・6%減って27万5022円と、4カ月ぶりに減少した。残業代など所定外給与は前年同月比12・2%減の1万7984円。統計を比較できる2013年1月以来最大の下落幅だ。新型コロナウイルスの感染拡大による影響が鮮明になった。厚労省は「休業や外出自粛で、残業時間が減少したことが原因ではないか」と分析している。

 所定外労働時間は前年同月比18・9%減の9時間。所定外給与を就業形態別でみると、一般労働者が2万4917円(前年同月比12・2%減)で、パートタイム労働者は2493円(同23・1%減)だった。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文650文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集