メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ/10 歯科医院、設備整え患者守る

防護服で全身を覆ったグリーンデンタルクリニックのスタッフ=同院提供

 新型コロナの感染が心配される歯の治療だが、歯科クリニックの多くが院内感染対策を取っている。気にしすぎると、ストレスでかえって口内や心身の病気を進行させることもあるので気をつけたいところだ。シリーズ「感染症と闘う」の新型コロナ編10回目は、新型コロナの流行下での歯科の取り組みや、虫歯や歯周病など口の病気にならないための方法を紹介する。

 口腔(こうくう)ケア用品メーカー「サンスター」の4月のインターネット調査(男女計1000人)によると、外出自粛の影響で食生活に変化があったと3割が回答。このうち4割が「間食の回数が増えた」と答えた(複数回答)。飲食の回数が増えると虫歯のリスクも増える。日本歯科医師会は「口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、誤嚥(ごえん)性肺炎やウイルス性疾患の予防につながる」と毎食後の歯磨きを勧める。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです