メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌市感染者の14%が「昼カラ」 クラスター発生の店も 「感染予防徹底を」

札幌市役所=貝塚太一撮影

 札幌市は9日、5月以降の新型コロナウイルス感染者193人のうち、約14%に当たる27人が昼間にカラオケができる飲食店の利用客と従業員だったと発表した。関連する飲食店は15店舗に及び、感染拡大が懸念される。また、市内1店舗で利用客ら10人の感染を確認し、クラスター(集団)感染と認定した。

 一方、市と道は同日、感染者7人(札幌市…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです