メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よろいかぶとのカープ坊やと買い物を 広島・福山城築城400年記念でバッグ発売

福山城築城400年記念で広島県福山市は広島東洋カープとコラボレーションし、マイバッグも製作した=広島県福山市役所で2020年6月8日、関東晋慈撮影

 広島県の福山城ゆかりの戦国武将、水野勝成(1564~1651年)のよろいかぶとを身につけたカープ坊やがお目見えした。2022年の築城400年を記念し、福山市が広島東洋カープの協力を得てデザインした。レジ袋の有料化を機に、この坊やをあしらったトートバッグを発売する。

 江戸期の福山藩を治めた初代藩主の勝成は1619年に入封。坊やのデザインはそれから400年に当たる19年に、カープの専属デザイナーが手がけた。

 カープ・カラーでもある赤いよろいを身にまとい、バットの代わりに日本刀を持った坊やで、この年にはTシャツを販売。海洋プラスチックごみ対策の一環で、7月1日に全国一律でプラスチック製レジ袋が有料となるのに合わせ、繰り返し使える丈夫なトートバッグの製作を企画した。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです