メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビニールカーテンや消毒用アルコールに火災リスク 大阪市消防局が啓発動画

飲食店の厨房など火気を使う場所ではビニールシートを設置しないよう呼びかける大阪市消防局の動画=大阪市消防局提供

 新型コロナウイルスの感染拡大のために利用が広がっているビニールカーテンについて、大阪府内の各消防局が火災に気をつけるよう啓発に乗り出した。燃えやすい素材もあり、大阪市消防局は動画投稿サイトで注意を呼びかけている。

 ビニールカーテンは飛沫(ひまつ)を防ぐのに有効とされ、設置するスーパーや飲食店、オフィスが増加。ただ、火気の近くに設置すると燃え移る危険がある。

 府内のショッピングセンターでは4月、客がたばこ売り場のライターを試しに点火したところ、店頭のビニールシートに引火。けが人はなかったが、管轄する枚方寝屋川消防組合はホームページで事例を紹介し、「一歩間違えれば大きな火災になった」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです