メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「八ツ橋」創業年訴訟 「聖護院」に損害賠償求めた「井筒」敗訴 京都地裁判決

井筒八ツ橋本舗の祇園本店=京都市東山区で2020年6月9日午後7時7分、中島怜子撮影

[PR]

 京都銘菓・八ツ橋の大手「聖護院(しょうごいん)八ツ橋総本店」(京都市左京区)が元禄2(1689)年創業とうたうのは虚偽だとして、ライバル店の「井筒八ツ橋本舗」(同市東山区)が、創業年などの表示中止と600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は10日、請求を棄却した。久留島群一裁判長は元禄2年創業の表示について「消費者の認識は創業が320年前のようだという程度で、実際と大きく異なるとも誤認を招くとも言えない」と結論付けた。

聖護院八ツ橋総本店の本店=京都市左京区で2020年6月10日午前11時37分、石川貴教撮影

 判決によると、「聖護院」は商品の説明書きやホームページで、八ツ橋の誕生は元禄2年で、江戸時代の箏曲の祖・八橋検校(けんぎょう)にちなみ、琴に似せた菓子が寺院の聖護院周辺で売られていたと記載。同社は320年以上、八ツ橋を製造し続けているとし、包装などには「創業元禄二年」「since1689」と表示している。

 これに対し、「井筒」は文献に記録がないことから「元禄年間に八ツ橋という菓子は存在していなかったと考えられる」と主張。八ツ橋がいつ誰により創作され、名付けられたかは明確な定説がなく、創業年の表記は消費者に誤認させる違法な表示で、同業者の信用を損なったと訴えていた。

 久留島裁判長は「八ツ橋の来歴にはさまざまな説があり、消費者から虚偽の表示として苦情が寄せられた証拠はない」と指摘。八ツ橋全体の信頼が損なわれたとまでは認められないとし、訴えを退けた。

 「井筒」グループオーナーの津田佐兵衛氏(96)は「創立年月日は重要な信頼の根拠のはずだ」と述べた。控訴を検討している。「聖護院」の鈴鹿且久社長は「適切に判断された結果だ」などとするコメントを出した。【添島香苗、中島怜子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです