特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

広がる妊婦のPCR検査 分娩時の「3密」に備え 偽判定で慎重論も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
妊婦へのPCR検査を積極的に導入してきた足立病院=京都市中京区で2020年6月1日、川平愛撮影
妊婦へのPCR検査を積極的に導入してきた足立病院=京都市中京区で2020年6月1日、川平愛撮影

 新型コロナウイルスの症状がなくても、出産前の妊婦にPCR検査を実施する動きが広がっている。分娩(ぶんべん)時は呼吸が荒くなるなどして飛沫(ひまつ)が飛びやすくなるため、医療者の感染リスクを減らし、妊婦の不安を取り除くことが目的だ。しかし、誤って陽性と判定されれば帝王切開やその後の隔離が避けられず、母子への負担は大きい。「分娩停止」を避けようと、独自の仕組みを構築する自治体も出てきた。

この記事は有料記事です。

残り2200文字(全文2394文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集