メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者とヘルパー、避けられぬ「密接」 周囲の反応不安「外出減った」

視覚障害者を先導するガイドヘルパー(右)。「間隔1メートル以上」は不可能だ=宮崎市祇園の宮崎市心身障害者福祉会館前で2020年5月15日、杣谷健太撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、厚生労働省が示した「新しい生活様式」の実践例は、三つの基本的対策として、マスク着用や手洗いと並び、人との間を最低1メートル空けることを求めている。ただ、同行してもらうガイドヘルパーの体に触れて外出する視覚障害者にとっては不可能な距離だ。「周囲の目が気になり外出を控えるようになった」という声も聞かれる。

 「ガイドヘルパーに触れずに歩くということはあり得ない。あまり『3密』『3密』(はだめだ)と言われると、ヘルパーさんをお願いするのが気が引ける」。宮崎県日向市の全盲の自営業女性(58)が漏らす。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです