メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者とヘルパー、避けられぬ「密接」 周囲の反応不安「外出減った」

視覚障害者を先導するガイドヘルパー(右)。「間隔1メートル以上」は不可能だ=宮崎市祇園の宮崎市心身障害者福祉会館前で2020年5月15日、杣谷健太撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、厚生労働省が示した「新しい生活様式」の実践例は、三つの基本的対策として、マスク着用や手洗いと並び、人との間を最低1メートル空けることを求めている。ただ、同行してもらうガイドヘルパーの体に触れて外出する視覚障害者にとっては不可能な距離だ。「周囲の目が気になり外出を控えるようになった」という声も聞かれる。

 「ガイドヘルパーに触れずに歩くということはあり得ない。あまり『3密』『3密』(はだめだ)と言われると、ヘルパーさんをお願いするのが気が引ける」。宮崎県日向市の全盲の自営業女性(58)が漏らす。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです