特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

静岡のためにできること 県内4クラブのJリーガー、PCR検査拡充に360万円寄付

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
感謝状を受け取るジュビロ磐田の山田大記選手(右)=県庁で2020年6月9日午後3時54分、山田英之撮影
感謝状を受け取るジュビロ磐田の山田大記選手(右)=県庁で2020年6月9日午後3時54分、山田英之撮影

 静岡県内に本拠地があるJリーグ4クラブの選手たちが9日、県庁を訪れ、県新型コロナウイルス感染症対策本部に寄付金360万円の目録を贈った。PCR検査(遺伝子検査)体制拡充などの感染症対策費として活用してもらう。感染拡大防止に奮闘する医療従事者や県民を支えるため、「いま静岡のためにできること」を合言葉に選手有志がクラブの垣根を越えて資金を集めた。【山田英之】

 4クラブはJ1の清水エスパルス、J2のジュビロ磐田、J3の藤枝MYFCとアスルクラロ沼津。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文776文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集